東京でこそ、カギの交換が必須になるでしょう

日本にある、世界でも有数の都市といえば、やはり東京でしょう。
その人口や生み出されるお金はまさに桁違いですからね。
そう考えると、防犯に対してもより力を入れておきたいものです。
常識的に考えて、夏の夜に網戸にして開けっ放しで暮らしていても平気な田舎と、外国人を始め、あらゆる地域から来ている人がいる、合計で一千万人を超える人口がいる都市とでは防犯のレベルを変える必要があることは明確でしょう。
そう考えると、東京でこそカギの交換が必須になると、私は考えます。
例えば、カギなんてしっかりと忘れずにかけていれば大丈夫と思っているかもしれませんが、ピッキングの技術は年々進歩していますし、それに先行してカギもレベルアップしています。
東京のような最先端の場所に住んでいながら、カギにおいてはその進歩についていっていないとなれば、そんなに怖いことはないですよね。
ちなみに、東京でも大きなビルが立ち並んでいるビジネス街や、色々なお店のある中心部なら人通りも多いですが、住宅街となると、日中から人目が多いと言うことはありません。
それだけでなく、地方よりも、狭い土地に工夫して家を建てると言う広報がほとんどですから、塀が高くなってしまったり、密集しているため、何かを伝ってベランダまでいけてしまう構造になっているケースが多い事も考えられますよね。
そうなると、やはり泥棒にピッキングをする家としてターゲットにされる可能性も高いですし、防犯の代表格であるカギの交換は、やっておきたいです。
まさに、備えあれば憂いなしといったところでしょう。
さらに東京の特徴として、地方から出てきているケースが多いということがあげられます。
さらに、昔から先祖代々暮らしている人意外は、後から一戸建てを建てるというのは、非現実的なので近所づきあいの薄い、アパートなどが大半でしょう。
この場合でも、建物の年式が古いと、カギも古いのでやっぱり交換しておきたいと考えるのが普通でしょうね。