カギが抜けにくくなったら交換サイン

カギを入れるときや、抜くとき、あるいは回す時など、何かに引っかかっているような感じでスムーズにいかなくなるときがあります。
無理やり回したり、引き抜いたりしようとすると、途中で根元から折れてしまうこともありますので注意が必要です。
潤滑油を入れることで再びスムーズになれば良いですが、もしあまり改善しない場合は、カギの交換時期が来ているかもしれません。
そもそもなぜカギがスムーズに入れたり、抜いたりできなくなったり、またスムーズに回すことができなくなったりするかというと、カギとシリンダーがうまくかみ合っていないからです。
ではなぜうまくかみ合っていないかというと、カギかシリンダーのどちらかが削れてしまっているからです。
両方とも削れてしまっているということもあります。
このようなケースはよく合鍵でおきます。
カギというのはとても高い精度で作られているものです。
それに対して簡単にできてしまう合鍵は、やはり精度が落ちるのです。
精度が落ちたカギを何回も使い続けていくことによって、シリンダーが削れていってしまうのです。
シリンダーが削れてしまえば、交換するしかありません。
また、変形したカギを無理やり使い続けているうちにシリンダーが壊れてしまうこともあります。
カギは柔らかいので、無理に力を入れるとテコの原理で大きな負荷がかかり、簡単に変形してしまいます。
変形してしまった場合は、ペンチなどでまっすぐに直してから使うことをお薦めします。
さらに、鍵穴にゴミなどの異物が混入し、カギがスムーズにいかなくなる場合もあります。
小さな子どもが鍵穴の中に物を入れてしまい、取れなくなってしまうケースが多いようです。
このようなカギがスムーズに使えなくなった場合は、潤滑油で一時的に改善しても、また同じような症状が出てくると思われますので、早めの交換を考えておくのが良いかと思います。
カギは防犯上とても大切なものですので、不具合があるまま放置しないことが望ましいでしょう。