カギの種類や交換において

日常生活においてカギを交換するということはあまり無いと思われます。
しかし、防犯のために交換するという方がいらっしゃるようです。
鍵を交換すると言っても、そのカギにはさまざまな種類のものがあります。
一般的に鍵と聞いて思い浮かぶものは、ピンタンブラー錠でしょう。
これは形が波ができているものです。
この歴史はとても古く紀元前4000年のエジプトで原型があったようです。
そのくらいの歴史があるのですが、防犯において例えばピッキング行為の対策ですとあまり効果が高いとは言えないです。
最近は小さな凹みがある鍵が主流となっています。
それは、ピッキング対策などに有効ですので安心でしょう。
この他にも最近はボタン入力式のカギがあって、それに交換するという方法があります。
確かにカギが不要というメリットがあります。
よって、鍵を無くすという事態が防げそうです。
鍵の交換は防犯効果を高めるために利用する方がいらっしゃいますが、中には鍵の紛失のために交換するという方を聞いたことがあります。
ある知り合いの方の話ですが、知り合いの家の人が酒に酔ったためか鍵を紛失してしまいました。
そうしたら、その人の主人さんが鍵の交換する業者に頼んで、すぐに交換したそうです。
確かに何が起こるか分からないですし、その鍵が不正に流用されている可能性があります。
なので、すぐに交換というのは正しいのではないでしょうか。
それにあたって、即日に交換してくれた方が良いです。
確かに業者さんからすれば大変かもしれませんが、仮に2~3日だったとして、その間に流用された鍵を使って侵入されるかもしれませんから、それを防ぐためにも即日であることは重要でしょう。
防犯対策として鍵を交換の他に補助鍵を導入されることがあります。
二重の方が防犯性が高まることは当然でしょう。
東京で鍵を交換する場合、調べてみると24時間・年中無休で出張で行ってくれるところがあるので、何かあったときは安心ではないでしょうか。